過払い金請求は弁護士に相談を

借金返済に悩んでいる人で金利分が大きくて何年も返済をしている人の場合は、過払いになっていたためかもしれませんよ。何年も前に消費者金融などから高い金利で借金をしていれば過払いになっている可能性が高いので特に注意してください。法律が改正される前の消費者金融などでは、高い金利で借金をしていたという問題点があって、現行の法律では過払いになっていることがあるのです。

 

法改正以前の借金が残っている人で、ずっと返し続けているという人では、もしかすると過払いがあるかもしれません。過払いになっている場合には、過払いの問題は弁護士事務所などで相談できますので、引きなおし計算というものをやってもらうことになります。再計算をして調べて、過払いの状態になっていたら、じつは、すでに完済をしているというようなこともあり得ますし、さらに過払いがあれば、お金が戻ってくることになります。

 

調べて過払いがあって、お金を返してもらったという人では、現在の借金残高が200万円で、再計算をしたら、もう借金は返し終わっていて、さらに、368万円の過払いがあったことがわかって、返してもらったそうです。このケースでは、10年以上も、同じ借金を返済していたということですが、そのため、このような過払いになってしまったのですがこのように、現在、長期にわたって返済を続けている人はもう本当は、完済して、さらに過払いかもしれませんので、一度確認してみるといいですね。